淫乱な風俗嬢との体験談を集めて掲載しているサイトです。

初のラブホとド素人の娘

投稿日:2016年1月20日

木にもたれかかる女性
デリヘルは前にも利用したことはあるけど、ラブホテルを使ってのデリヘルは初めてでした。ホテル街が癒えの近くにあり、ホテルを選別するだけでも時間がかかりました。2000円くらいからでも借りられるようですね。それでいて、ゴージャスな部屋でのプレイが楽しめる・・・・・・やぶさかではありません。家のベッドは狭いので、いつももうちょっと広かったらなぁと思っていました。その点、ラブホテルじゃ満足できます。ウチのベッドの3倍の広さを持っており、のびのびとプレイするには十分な広さ!5分ほど待って嬢がやってきます。さっそくのびのびとエッチをするためにベッドで横になってフェラをしてもらいました。しかし、フェラがあまりうまくないのか、全然勃たない……というより、勃起させてくれなかった。キンタマや全身リップで勃起させるのを待っていたのだが、いきなりフェラから始まり、立っていない状態でフェラをするって……風俗嬢でもド素人がいるんですね。仕方ないので、自分で素股コイて出しました。

50になっても辞められないことでしょう

こんな歳になってもデリヘルはやめられない。今日はそんな話をしようと思います。私は来年で50歳……だというのに、デリヘルは全盛期を迎えています。貯金を引いてまでデリヘルを利用するあたり、最早行き着くとこまで行ってしまっている感じがしますが、それは今は置いておきましょう。独身40代末は流石に堪えるものがあり、その癒しをデリヘル嬢で癒しているのだから救いようがない。と、自虐をしていては時間がいくらあっても足りないですね。ここは、体験談を書きたいところです。ある日のこと。エッチにおいて、体力と性欲は比例するものだと考えています。ムラムラt性欲が滾るものなら、間もなく50歳を迎えようとしている私でさえ1時間に3発なども可能です。しかし、気力が萎えているときはなかなか勃起すらできなかったりもします。その性欲をたぎらせるポイントはもちろんデリヘル嬢によりけり。私を滾らせてくれる女の子はリストにして記憶しているが、たまにフリーで開拓もしていたりします。